入社一年目の研修制度

当社ではきめ細かな教育体制と、働きやすい充実した環境において研修制度を設けています。
職務担当別の先輩社員による、各種の研修をおこなうことで、コンピュータの知識はもちろん、これからおこなう仕事のスキルついても多くを学べるようにしています。入社一年目は以下のような段階を踏まえて研修をおこなっていきます。
研修を通して、社会人としての誇りと自覚をもつことができるようになることでしょう。

新入社員研修

会社の業務やサービスの内容、一般的な職務知識などを理解します。
ベテラン社員による、担当業務の詳細な説明とディスカッションをおこなます。
社会人としての第一歩となります。

実地研修(OJT)その1

担当者のOJTプランニングにより、具体的な仕事を通じて、必要な知識、技術、技能を習得します。 業務で使用するパソコンのソフトウェアの使い方からメインフレームの運用オペレーションに携わるための仕組み、機能、プログラム言語や入力コマンドなどを学習します。

新入社員フォロー研修

正社員となるための研修をおこないます。
すでに業務にも慣れてきているので、理解を深めるために担当者の講義やディスカッションなどで、不十分な業務知識を補完します。

実地研修(OJT)その2

今まで学んだ知識と技術で実際に仕事をおこないます。
正社員としての自覚をもって、業務の遂行をおこないます。

入社二年目以降の研修制度

研修は一年目だけではありません。実質的に仕事を遂行する中核的存在である中堅社員を対象にした「中堅社員研修」や、個々の役割を適切に判断し、指導者の立場や考え方を学ぶチームリーダーを対象にした「リーダー研修」もおこなっています。
中堅社員研修では、上下間の意思疎通により仕事を指示して教育することを念頭に、新たな目標と価値観をもってプロジェクトを推進していくことを学びます。
リーダー研修では、プロジェクトの目標や計画の立て方、具体的な指導法を学びます。
このように当社では、より良い社員になるためのスキルアップを目指しています。